記事の詳細

SPONSORED LINK

離乳食をスタート。嬉しいはずなのに…

離乳食をスタートし始めは成長を喜んだり、離乳食作りに悪戦苦闘しながらも楽しかったはずなのに、、、

食べない・汚す・離乳食で遊ぶ…といったようにうまく離乳食をすすめることが出来なくてイライラしてしまいませんか??

私もその一人でした。

最初は笑っていたことも、うまく進まなくて笑顔はなくなるし離乳食の時間が苦痛になってたんですよね。

モグフィで育児のイライラ解消

離乳食の量や食べ具合、飲み込んだりモグモグしたりが上手くできるようになる。

自分で食べる力がつくなど、離乳食について調べていた時に、モグフィに出会いました。

自分で食べてくれる!?コレには興味が惹かれましたね。

離乳食といえば、ママが器とスプーンを持って、作った量を食べるのか食べないのか、授乳前のお腹がすいた状態で不機嫌な子供につきっきりで食べさせるのが当たり前ですよね。

このことで、大人と子どもの時間がずれたり、自分のご飯だけ冷めて、一人寂しく食べたりと、育児でいっぱいいっぱいな時は、なんだかモヤモヤ悲しくなることも…。

そんな時にモグフィを使うと、自分でくわえて食べてくれるので、付きっきりで離乳食を食べさせる手間もなくなり、食べなくてもそこまで汚れる心配もなく、家族揃って食事の時間にも出来ました。

可愛い瞬間を逃さない!

モグフィを使う前は離乳食を食べてる息子の写真なんて撮る余裕も「撮る」という行為も忘れていましたが、余裕が出てきて、今しかないその瞬間を写真におさめることも出来ましたよ!

ママの気持ちの余裕って大事だな〜だなんて、今思えばありますね。

息子も3歳になって、来月にはお兄ちゃんになります。

今思えばいい思い出として話せますが、当時は全く笑えず心が折れてばっかでしたが、モグフィを使うようになってちょっとしたことだけど、ゆとりが出来たことが、気持ちにも育児にもいい影響があったなって。

ママ歴4年目に突入しているので、二人目の育児にも余裕を持って取り組みたいな〜としみじみ思います。

離乳食のや離乳食時期の育児で悩んでるママにこそモグフィを使ってもらいたいって思います(^^)

SPONSORED LINK

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る