記事の詳細

SPONSORED LINK

子育て中のヒヤリ・ハット。

離乳食後期のうどんのメニューについて調べると、

「長さは1cmくらい」「味付けにバリエーションを」などと書いてあります。

 

れをまったく守らずに与えた結果、何が起きたかをここで告白したいと思います!!

 

1人目の離乳食は、月齢が上がるたびに本を見て参考にしたり、メニューも工夫して食べてくれるように努力をしたものですが、2人目は調べるようなことはほとんどしませんでした。

 

離乳食後期。私のお昼ごはんのメニューが「冷凍うどんをレンジで温めて生卵と醤油かけたもの」であった日。

(手抜きメニューですがとてもおいしいんですよ!)

娘の離乳食もうどんにしよう、とレンジから出したばかりのうどんを数本取り分けました。

 

「うどんだよー」と見せて、目の前でだし醤油を掛けるという食欲をそそる演出付きです。

 

つかみ食べ真っ最中のムスメ

その頃娘は掴み食べブームでした。とにかくなんでも自分で食べたがるのです。

そこで、「あんまり小さいと掴みにくいかな」と思い、麺は2~3cmくらいにカットしました。

 

・・・・ ここで冒頭を読み返してください。「離乳食後期のうどんは長さは1cm」でしたね。

そうです、長いです。

 

何が起きたかというと、

喜び勇んで手づかみし口に入れた娘は、麺を噛み切れずずっともぐもぐしていました。

 

もしも飲み込んでいたらオエッとなっていたか、詰まらせていた可能性もあります。

「大きさだけは本当に注意しなければ」と、心から反省しました。

 

味付けはだし醤油がお気に召したようなので、特にバリエーションを増やすことなく離乳食を進めております!

SPONSORED LINK

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る