記事の詳細

SPONSORED LINK

第1子は6か月になったと同時に離乳食をスタート!

でも中々食べてくれなかったり後戻りをしたりと悩みがたくさん尽きなかったな〜。

あれこれ試行錯誤しながらの離乳食。

それが3か月程続きましたが、やっとリズムがついて本人の好きな食べ物もなんとなく分かるようになりました。
その頃になると私にも余裕が出来、食べさせるのが楽しい♪という感じるようになりました。

離乳食…好んで食べたのは『フルーツ』

 

バナナから始めて、リンゴ・スイカ・メロン…とフルーツを出すともうニッコニコ♪

 

そんなある日親戚からさくらんぼを頂いたのですが、赤くてツヤツヤしたさくらんぼに子供は興味深々(笑)

 

お皿に移して『さぁみんなで食べようか~』となった瞬間に手づかみでパクリ!!
みんな一瞬あっけに取られていたけど、慌てて口の中から取りました。

 

そして無理矢理口の中に手を入れられた子供はと言えば、最初は何が起こったのか分からずキョトンとしていたけどその後大泣き(笑)

さくらんぼは危険な食べ物!!

かわいらしい見た目とはウラハラ…種もあるし、大きさ的にも子供の喉に詰まりやすい大きさ(;´Д`)
丸のみしなくて本当に良かった~。

 

そのあと皮をむいて種を取り除いたものを小さくして切って食べさせたところ、

念願のさくらんぼが食べられた子供はとびっきりの笑顔を見せてくれました♪

 

モグモグゴックンが上手にできてきた頃に与えるのがちょうどいいですね。

 

大人でもさくらんぼを食べ過ぎるとお腹を下してしますので、与え過ぎには注意!!

 

 

それに何でも口に入れたがる時期でもあるから、我が家のようにヒヤッとしないためにも

さくらんぼを食べる時にはお子さんから目を離さないように気を付けてくださいね(ΦωΦ)

SPONSORED LINK

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る