記事の詳細

SPONSORED LINK

離乳食を作るのが面倒って思ったことありませんか?

可愛いわが子のためとはいえ、大人用の食事と別に作らなければならないし、疲れ果てた夕方に手の込んだものなんて作れない・・。

そんな時は、思い切り手抜きをして乗り切ってしまいましょう。

 

日頑張らなくてもいいんです。子どもが笑顔で食べてくれれば、離乳食だって手抜きでもいいんです!

手抜きといえども離乳食、栄養は気になる!そんな時は何でも混ぜて焼いちゃう「おやき」がオススメレシピです

 

おやきのレシピ

キャベツ、ねぎ、にんじん、豚肉など、冷蔵庫の残り物でも十分です。

具材を刻んで小麦粉を少々(アレルギーのお子様は米粉がおすすめです)。

後期はよくかんで食べるのが目標なので、具材も少々粗めに切り、よくカミカミできるようにしてみましょう。

 

様子を見ながら水を加えて軽く混ぜ、お好み焼きのようなもったり生地に仕上げます。

あとはフライパンに落とし、手のひらサイズにカリッと焼くだけ!メインの一品の出来上がりです。

 

離乳食も後期なら、手づかみ食べもできて楽しそうですね。

 

あともう一品欲しい時の手抜きレシピは、大人用のおかずのアレンジです。

大人用に濃い味をつけてしまったおかずに、豆腐を混ぜるだけ。これで一品できちゃいます。

 

気負いすぎないのが、コツ

後期の離乳食だからと考えすぎず、簡単に作ってしまいましょう。

時間のある時や心の余裕のある時は、手間暇かけて可愛いキャラプレートを作るのもママの楽しみのひとつです。

でも、疲れた時は決して無理しないで!お子様はママの笑顔がなにより大好きです。

 

手抜きレシピでも大丈夫! にっこり笑って、お食事タイムを楽しいものにしてくださいね。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る