記事の詳細

SPONSORED LINK

赤ちゃんへの離乳食の与え方は、赤ちゃんの成長に数か月単位で細かく変化していきます。

離乳食から長く使える食器

子供の成長はあっという間…

日々成長しているのが実感できますよね!いつからこんなことできるようになったの!?なんて思うこともシバシバ。

大人(自分)は何か成長できているのか考えさせられちゃいます…笑

身体の要求する栄養を与えてあげる事で、赤ちゃんの味覚は正しく育っていくので、いつからどんな食事にすればいいのか、回数はいつ増やすか、きちんと勉強しておきましょう。

そこで気になるのは、離乳食がいつから2回になるのかという事ですよね。

一般的には離乳開始の1カ月後、離乳食を生後5,6ヶ月で始めていれば、生後7カ月から8カ月が離乳食を2回にする時期と言われています。
離乳食にオススメの野菜

しかし、赤ちゃんの成長には個人差があり、ゆっくり成長してる子に無理に与える必要はありませんし、もっと早く2回あげてもいい子もいます。

あなたの赤ちゃんはどこまで進んでる?

目安となるのは赤ちゃんの状態で、どろどろ状態のおかゆや野菜をちゃんと飲み込める事、1回の離乳食を10匙程度で完食できる、スプーンに対して嫌がらない、などがあります。

この時期は栄養はまだミルクや母乳で摂取していますので、舌やあごを動かしごはんを食べる練習です。

無理に食べさせず、赤ちゃんのペースでゆっくり食べさせてあげましょう。

いつから離乳食の回数や量を変えるか指針はありますが、無理にスケジュール通りに行う必要はありません。
芸能人も愛用、離乳食食器

うまくいかない場合はメニューを変えたり、スプーンを変えてみると、うまくいく場合があります。

SPONSORED LINK

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る