記事の詳細

SPONSORED LINK

離乳食中期に変わって、あげる量に四苦八苦

離乳食初期に、赤ちゃんもママもやっと慣れた頃にには中期に移行していきますよね…

離乳食初期だと量はそんなに必要なかったけど、中期になると、食べられる物も増えてくるし、栄養バランスも考えないといけないから、ママは頭を抱えちゃいますよね…

しかも、子供の成長には個人差があるから、中期に入ったからといって急に量や調理法を変えてもダメだし。。。

あ”〜しんどい

正直そう思う時もありますよ。離乳食中期からは2回食になる子もいるし、片付けや調理に他の家事や仕事までこなしたらあっという間に1日が終わってしまいます。

とりあえず、離乳食中期の量をサラッとでも頭に入れておいて、気持ちを楽に離乳食中期を乗り切りましょ!

<離乳食タイムの必需品=<袖付き>【スタイ・食事トレーニング】

離乳食中期の食べる量(目安)

・主食(おかゆ)50〜70g

・副菜(野菜や果物)30〜50g

・主菜(肉や魚・豆腐)10〜15g

こちらが離乳食中期に与える目安の量です。

計るの面倒…
やっぱりそう思いますよね!秤を使って器に移したりとかしていたら、時間がいくらあっても足りない!なんて思っちゃう。

細かいことが苦手な私がその一人。

スプーンで救われた!

計らいは面倒…洗い物が増えるし、手間ばっかり!そんな私の要望が伝わってできたスプーン型の秤(そんなわけがありません)。

救うだけで、量が計れちゃうから作ってる鍋から冷凍用トレーとかに最短ルートで入れられちゃう!

離乳食作りの強い味方になってくれる計量スプーンが↓↓

離乳食中期

まま楽チンすくってはかれるスプーン

目安の量がわかったらその量ごとに冷凍して、時間になったらレンジでチン!すればすぐあげることができて、時短時短♪

メニューは大人の料理の味付け前の物を拝借してミキサーやブレンダーで細かくなりすぎないようにミンチ!

味付けは基本いらないから、素材そのものの味をたんまり味わってもらいましょ!

そのためにも、食材は新鮮なものにこだわりたいなと思う今日この頃です。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る