記事の詳細

SPONSORED LINK

離乳食中期になったらパン粥が食べれるようになります。

離乳食の初期でパン粥を利用するママさんもいると思います。また、アレルギーが気になって与えていない方もいるでしょう。

離乳食にオススメの野菜

間違いとかではないので、お子さんにあった離乳食を与えてください♪

パンが主食の国であればパンを食べさせるでしょうからね!

パン粥も調理次第ではバリエーションもたくさんあって、冷凍保存もできるから忙しいママさんにおすすめのメニューですよ。

パン粥の作り方は簡単で、パンの耳を切り落とした白い柔らかい部分を使って作ります。

食パンじゃなくても、フランスパンなどでも中身ならできるからおすすめです。

パンの耳は離乳食後期になったら食べることができます。
離乳食の強い味方のホームベーカリー

中期で食べさせたいなら、すりおろして細かくすると子供は食べれることができるから、もったいないと思えば手間はかかるけど、こうすると食べさせてあげることができます。

そんな時ブレンダーが役立ちました!

その柔らかい所をできるだけ小さく切って、水やミルクなどで柔らかく煮てあげます。

水やミルクだけじゃなく、出汁やスープ、フルーツの果汁などでも煮ることができます。

それからお粥のようになるまで煮たら完成です。
離乳食にオススメ調理器具

アイスキューブトレイで冷凍して、その後保存パックに入れてあげると食べる量も調整でき、保存も可能です。1回作っておけば、後が楽なので忙しいママさんにもピッタリです。

もっと野菜や果物を食べさせたいのであれば、柔らかく煮た野菜や果物をパン粥の中につぶしてあげると栄養も摂れます。離乳食中期には欠かせない食べ物ですよ。

中期でも進みの早い子であればトーストなんて子もいますね!

パン粥同様に中の白い部分を使います。

スティック状に切って焼いてあげると手づかみして食べたり!

我が子の成長具合に合わせて離乳食は与えるのが基本ですので、月数を気にしすぎないように♪

SPONSORED LINK

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る