記事の詳細

SPONSORED LINK

離乳食中期に与える離乳食の量は大体わかってきてますよね。

わからないママさんのために、一応載せておきますね!



離乳食中期に与える目安量はコチラ

穀物:50g〜80g、野菜・果物:20〜30g、魚:10〜15又は、又は肉:10g〜15g、又は豆腐:30g〜40g、又は卵:卵黄1〜全卵1/3、又は乳製品:50g〜70g

初期と比べ、中期では量も回数も徐々に増えていきます。食べる量も好き嫌いも個人差はありますが、そこで気になる母乳やミルクの量ではないでしょうか?

離乳食中期に与える母乳・ミルクの量

離乳食中期となると、離乳食からの栄養を摂るようになってきますね。そうなると母乳やミルクの量は、どのぐらいあげるが望ましいかがきになるところです。

答えは簡単。欲しがる分だけあげてください。

ただ気をつけて!

欲しがるだけ与えていいのは母乳です。

母乳は胃への負担が少なく、消化も早いので離乳食の後には欲しがるだけ与えて大丈夫です。

粉ミルクは、いくら母乳に近い成分とはいえ、人工のものなので、胃への負担は大きいですね。その分腹持ちがよかったりします。

なので、粉ミルクを与える際は、容器に記載されている量を目安に与えてください。


私の失敗談…

欲しがるだけあげていいと書いてあったのを鵜呑みにしてあげていたら息子の体重増加!!健診でも驚かれるくらいでした…

なので、与えすぎると体重が増えすぎます…ママの調節が大事なんです。

私の息子は母乳とミルクの混合でしたが、ミルクを記載されてる量を与えても、もっと欲しいと泣いていました…

母乳をあげてもキリがないので、粉ミルクを多目のお湯で作って量増しをして調節しました。

そうしたことで、体重も標準になって今では毎日元気一杯動いてます!

SPONSORED LINK

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る