記事の詳細

SPONSORED LINK

離乳食中期にあたえる量は??

離乳食の中期になると、一回食から二回食に変わりますね。

だからと言って、与える量を極端に増やすことはありません。始めのうちは、離乳食初期で与えていた量を与えるところから回数を二回にして様子を見てみるのが良いでしょう。

一日に与える量は?

離乳食二回と母乳やミルクになりますが、離乳食の量は、1回の食事量で、○穀類、かゆ :50~80g、△野菜、果物 :20~30g□魚、肉:10~15g□豆腐:30~40g□卵黄1個~全卵1/3個□乳製品:50~70gです。

○+△+□が一回の食事量の目安です。

○が50グラム、△が30グラム、□が15グラムという感じです。

○△□を組み合わせて色んなバリエーションを増やしてみましょう!

中期で二回食になったからといって、多くの量を食べられるわけではありません。

あくまでも赤ちゃんのペースで進めていきましょう。

調理方法や硬さは??

中期の調理方法の初期との違いは、硬さと大きさ。

中期になると、初期は飲み込む練習だったのですが、次は舌と上顎で潰して食べる練習になってきます。

そのため、ペースト状だったものから、豆腐ぐらいの硬さのものに変わってきます。

ペースト状にする手間が無くなった分、少しは楽になるかな!



離乳食中期の母乳・ミルク量

母乳は消化も早く、いに負担をかけないとされているので、欲しがるだけ与えて大丈夫。

ミルクは、栄養素は高いものの、飲み過ぎると体重が増えすぎるので、基本...一日3回を目安に考えて起きましょう。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る