記事の詳細

SPONSORED LINK

離乳食中期のメニュー前に進め方は知ってる?

芸能人も愛用、離乳食食器

離乳食中期の進め方のポイントですが、中期は(生後7〜8ヶ月)頃です。

この時期から1日2回の2回食にしてみましょう。

進め方は1回食と一緒ですが、赤ちゃんは舌で潰して食べることを覚える時期なので、液体やペースト状のメニューから指でつぶせるバナナぐらいの硬さにしたつぶつぶのメニューを与えてみましょう。

好き嫌いをなくすチャンス!?

離乳食にオススメの野菜

この時期から色々な食材に慣れさせ、好き嫌いをなくすチャンスの時期なのです!食べられる食材をなるべく偏りがないように与えて、好き嫌いがないようにしていきましょう!

栄養は母乳やミルク?
徐々に移行していきますが、離乳食中期の始めは、離乳食からだけではまだ十分な栄養がとれないので、欲しがる時は与えましょう。

離乳食中期の2回食はいつあげる?

1回食だった離乳食は同じ時間にあげていいと思います。2回目は1回目の離乳食をあげた3〜4時間後が胃や腸に負担をかけずに与えることができるでしょう。

離乳食はなるべく同じ時間に与えると子供の生活リズムも整いやすいですよ!

生活リズムが整っていると夜泣きがなくなるという話もあります。

離乳食にオススメ調理器具

母乳やミルク中心の食生活であれば、夜中にお腹が空くことはあるので、まだはっきりとした夜泣きとは言えないでしょう。

なので、まだ、夜中に泣くのは当たり前と思いながら育児をすると気が楽ですよ!

離乳食メニューで気をつけたいこと!

離乳中期ごろになると飲み込みが上手になってくるので、みじん切り状のものも食べられるようになりますが、舌で潰せる程度のもので、あまりパサパサしたものは避けましょう。

ゆで卵の黄身などはとろみをつけたり和え物にしてあげると子供は食べやすいですよ!

SPONSORED LINK

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る