記事の詳細

SPONSORED LINK

離乳食のスタート時期は生後5、6ヶ月と国が推奨しています。

しかし、子供の成長は家庭によって違いますよね!

なので、離乳食を始める時期や与える量も変わってきます。
離乳食にオススメ調理器具

離乳食初期の与える量は?

先ほど書いたように、離乳食を始める時期や、食べる量はお子さんに合わせて決めましょう。

とはいっても、目安の量は知りたいですよね!?
よく言われている量の目安はスプーン1杯です。1日1回1さじから始めるのが育児書などにも書いてありますし、ネットで調べても書いてあります。

目安で言われている量を小分けにして与えてみましょう。

子供の反応次第で増やしたり減らしたりしてください。ただ、離乳食初期は量より練習と考えてくださいね!
芸能人も愛用、離乳食食器

物を食べる以前に食器や離乳食が初めてなので、口に入れて飲み込むことができなければ、離乳食を進めていけないからです。

私の場合、スプーンに慣れてもらえるように自分で持たせたり、口につけて『あむんっ』と効果音をつけて話すなどして笑わせたりと、興味を持つようにスタートさせました。

最初の離乳食メニューとして選んだのがお粥。息子くんはお粥の味が『ん??』って感じでしたが、スプーンやん見込むことに抵抗はなく進めていけました。

離乳食初期は最初が肝心なのかも!

離乳食を決まった量を食べさせなきゃとか、考える前に、子供にとって楽しい時間と思ってもらわないと続きませんよね!

なので、考えすぎないで遊びやコミュニケーション時間だと思って楽しくスタートさせましょう!

SPONSORED LINK

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る