記事の詳細

SPONSORED LINK

離乳食後期のうどんのあげ方

生麺や冷凍、乾麺があり、とっても使い勝手がいい”うどん”ですが、今までどうやってあげてたかな?
離乳食にオススメ調理器具

離乳食初期の後半から与えて良いとされるうどんですが、最初は裏ごししたり潰して与えていたことでしょう。

離乳食のうどんも進むうちに歯茎でつぶせるほどの硬さに。

後期ににればうどんも普通の硬さでもたべれるようになれます。

うどんの水洗い必須!

乾麺に言えることなんですが、塩分を多く含んでいるので、ゆであげたら必ず水洗いしてから味付けに入ってくださいね!

大人の食べる分からもとりわけができるようになってくるので、後期になれば、離乳食の準備もだいぶ楽になりますね♪

大人の分から取り分けたら、食べやすい大きさにしてあげましょう!

その都度離乳食を作っているのであれば、ハサミでチョキチョキ〜ってしてあげてください。

多めに作って冷凍という場合は、味付けはしないでフードプロセッサーで刻んで、一食分ずつ小分けにして冷凍しておくと、使うときに楽です。
小倉優子愛用キッズプレート

うどんは万能食!?

うどんって小麦粉と水、塩からできてます。なので、味付け次第で主食からおやつまで早変わり〜。

主食としてあげるときは、だしや何かのスープに混ぜてあげて、おやつにしたいときはきな粉や果汁に混ぜてあげたり、チーズと焼いておかずとしても使えるんです。

アレンジ次第でメニューのレパートリーが増えます!

大人も子供も嫌いな人がいないはず!

3食で100円とかそれ以下でも買えるところがありますので、買いだめしておくと主婦の強い味方!

冷凍保存しても大丈夫!

離乳食だから冷凍しても大丈夫!というより、うどんそのものが冷凍しても問題無しでした!

なので、今はすっかり大きくなった息子くん(2歳)ですが、常に冷凍庫にはうどんが入っています。

お出かけが長引いた時や軽く済ませたいご飯の時にパパ・ママも一緒にうどんをすすります。

息子くんもうどんはいつでも大好き!

保育園ではおかわりするとの報告もあるほどです(笑)

SPONSORED LINK

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る