記事の詳細

SPONSORED LINK

9ヶ月から11ヶ月の離乳食後期にあげられるパン料理は?

離乳食後期になると、自分で掴んで食べることもできるようになってきます。そこで、どんなパン料理があるのか紹介します!

離乳食の強い味方のホームベーカリー

パンメニュー

<エッグサンド>
食パン(8枚切り)2枚、バター小さじ1、[卵4/5個、牛乳小さじ2、カッテージチーズ小さじ2、トマト1/20個]油少々。

バターはパンに塗ります。あとは上記の[]材料を混ぜ、油で炒めてパンに挟むだけ!トマトは潰して混ぜてくださいね!

パンはお好みの大きさにカットして与えましょう!

<フレンチトースト>
食パン(12枚切り)1枚、卵1/4個、牛乳大さじ1、バター小さじ1

食パンの耳は切り落とし、パンはお好みの大きさに切ります。卵・牛乳を混ぜた液にパンを浸して、バターを引いたフライパンで焼いて出来上がり!

※熱さに注意!

離乳食にオススメ調理器具

<フルーツサンド>
食パン(8枚切り)2枚、バター小さじ1/2、牛乳大さじ2と2/3、卵黄1/2個、砂糖小さじ1、小麦粉小さじ1/2、コーンスターチ小さじ1/2、缶詰のみかん2粒、バナナ1/10本

カスタードクリームを作ります。成分に心配なければ、市販のものを使ってもいいでしょう。

鍋に牛乳、卵黄、砂糖、小麦粉、コーンスターチを入れ火にかけてよく混ぜましょう!クリームの出来上がり!

クリームは冷します。

みかんとバナナは食べやすい大きさにしてクリームに混ぜます。

食パンをお好みで軽く焼き、バターを塗ったらフルーツの入ったクリームをはさにましょう!出来上がりです。

パンを好みの大きさに切った上にクリームを乗せるだけでもいいですね!また、季節でフルーツを変えてあげるのも子供は喜びます♪
小倉優子愛用キッズプレート

メインからデザートまでパンで楽しめます。離乳食後期には食べられるものが増えるので、パンに色々挟んであげれるので、バリエーションは増えますね!

ぜひパンを活用してみてください!

パンは冷凍もきくので、大量に買っておくか、自分で作るのがオススメ!

ホームベーカリーがあれば、材料は強力粉・薄力粉、バター、砂糖、塩、イースト菌。

これさえ常備しておけば、いつでも出来立てパンが食べれるし、大人のご飯やおやつにも使えます!

SPONSORED LINK

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る