記事の詳細

SPONSORED LINK

離乳食後期は献立イロイロ!?

 

母乳とミルクの混合で育てている我が子は、離乳食もよく食べます。特に離乳食後期になってから食べる量も増えました。離乳食後期になると、使える素材や調味料も増えて献立もバリエーションが出てきます。

 

とくにうちの子はお肉が大好きで、献立にはひき肉をよく使いました。

 

肉であれば、豚、鶏、牛、どれも食べていましたね。

 

 

カレーにはもちろん、味付けのやさしいそぼろご飯や、とろみをつけたスープにもよくいれました。

 

お肉は普通の胸肉やササミなども試しましたが、ひき肉を好んで食べましたよ。


お肉パワーすごい!!

 

野菜が苦手なのですが後期はお肉が食べれるようになり、ひき肉と一緒に炊いたり炒めたりするとわりと野菜も食べました。

 

皮をむいた茄子と炒める。かぼちゃと一緒に煮るなど。和風の場合は少しの醤油とだしなどです。

 

洋風の場合はトマトやチーズ、少しのオリーブで味付けるなど。

 

中華の場合はだしに少しのごま油、醤油、生姜などです。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

インスタントも上手に活用!

 

無添加のベビーフードなどの和洋中華のだしなどを使った時もありました。献立も和風や洋風う中華風といろいろ変えれるので作る方も楽しくできましたよ。

 

 

和食で一番好きな献立は味噌汁です。

 

お味噌が好きなようで、食材も味噌汁ならよく食べていたと思います。根野菜や豆腐、わかめやきのこ類も味噌汁なら食べてました。

 

私は離乳食後期の献立は和風、洋風、中華風と自分の中で決めて違いを出していました。主に和風ですが、自分で三つのジャンルにしぼり楽しんで作るようにしましたよ。

 

三つに絞ることで、メニューもどんどん考えれるようになりました。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る