記事の詳細

SPONSORED LINK

離乳食初期はほとんど液状のお粥を1日1回与えるだけだった離乳食も、後期ともなると、メニューやバリエーションがかなり増え、物によっては大人の食べるものから取り分けることもできますね!

調理も楽になるでしょう。
離乳食の強い味方のホームベーカリー

食べる量も増え、おまけにうんちの量も増えます!笑

離乳食後期ともなれば、1日3回の食事回数で、1回あたりの食べる量は子供茶碗2杯ほどのになります。

主食が茶碗1杯程度でその他が合わせて茶碗1杯程度です。

しかし、子供の成長はみんな一緒ではないので、先ほど言った子供茶碗2杯の量より少なく食べる子もいれば、多く食べる子もいます。

私の息子くんもよく食べる子でした!

離乳食後期の息子くんは、食べてもまだ欲しがるくらいだったので、次第に与える量が増えて、しまいにはスパゲッティ100グラム完食するほど…

普通に食べちゃう息子くんでしたが、ママ友さんに言ったら『大人の量じゃん』と驚かれました。

パパとママが食べる量が多いから、並べてみると少なく見えていたけど、一歩外に出ると大量に変化するんですね。

慣れって恐ろしい…笑

大人と一緒で目でも楽しもう!

小鉢や皿に小分けに料理がテーブルに並ぶと気持ちも満足しますよね!それと同じで、子供にもその効果を使おうかと思い、欲しかったプレートをちょうど良くいただいたので使いました!
小倉優子愛用キッズプレート

それが、芸能人ママの小倉優子さんがも使うキッズプレート!
カラフルなのと仕切りがあってテキトーに料理を入れても見た目がいい!

味気ない料理も美味しく見えちゃうよ!笑

食べるなら食べてもいいかな〜ってママ友とは話してた!バランスが偏らないようにしてあげればね!って。

量にこだわるより、子供の成長と体調をみて与えるのがベストですね!

SPONSORED LINK

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る